預金保険機構の新理事長、三国谷氏が会見 「金融システム安定に最大限努力する」

2015.3.6 19:13

会見する預金保険機構の三国谷勝範理事長=6日午後、東京都千代田区

会見する預金保険機構の三国谷勝範理事長=6日午後、東京都千代田区【拡大】

 預金保険機構の理事長に1日付で就任した三国谷勝範氏(63)は6日に会見を開き、「日本の金融システムが安定し、その機能が維持されるよう最大限努力する」と抱負を語った。金融を取り巻く環境変化には「国際化」「ICT(情報通信技術)化」の2点を挙げ「これらを支えるセーフティーネットシステムを全体を睨みながら考えていきたい」と今後の方向性を述べた。

 金融機関の破綻処理に備えて銀行などが納める預金保険料に関し、各金融機関の信用力や経済・金融情勢などを踏まえ柔軟に料率を変更できる「可変保険料率」については、「直ちに導入とはなっていないが、さまざまな角度から検討しなければならない」との見解を示した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。