【エンジニア革命】「マネジメント」力で飛躍 設計責任者は複眼思考を持って! (2/3ページ)

2015.3.7 05:00

 それはそれでビジネス上悪くないのかもしれないが、思わず「う~ん」とうなってしまったのである。「これはひょっとして、CADで設計し、完成形を頭に入れて設計したが、どう作るかまでは考えていなかったのでは」と。

 プロの設計者であれば、商品の構造成立性と、部品をどのようにして作るかも考慮しながら進めていく。しかし、ビギナーやまだその域に達していない人は、CADの画面上で完成させることに主眼に置き、どう作るかは詳しく分からないことから、部品メーカーに任せようとする。その結果、まさに部品メーカー泣かせの図面が出来上がる。ひどい時は板金図面を展開していったら、一部が重なっていたという笑えない話もある。

 設計側と作る側が要求内容を確認し吟味する関係ができていれば、図面として改良されていくが、関係がやや一方的となると、とにかく図面どおり作ればよいとなる。

 ◆構造成立性よりデザイン性

 最近は3Dプリンター普及のおかげで容易にモノが作れる時代になった。しかし、板金、鋳物、複合材料などきちんとした型・工法で作らないとできないモノも多い。そのため、設計を預かる責任者は、前述のように構造の成立性と作りやすさのバランスを考えて、指導していくことが大切であろう。

 さらに、筆者の経験から一つだけ追加するとすれば、もしデザイン性と構造成立性が対立するときは、デザイン性を採ることが結果として望ましい。設計側はいろいろとできない理由をつけたがるが、やはり、とってつけたようなゴテゴテしたモノより、洗練されたすっきりしたモノに軍配が上がる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。