「マック離れ」でシェイク・シャック脚光 スタバの再来?ゴールドマンも期待 (3/4ページ)

2015.3.7 07:00

マクドナルドとシェイク・シャックの比較

マクドナルドとシェイク・シャックの比較【拡大】

  • シェイク・シャックがモスクワで展開する店舗=2013年12月(ブルームバーグ)
  • シェイク・シャックがモスクワで展開する店舗=2013年12月(ブルームバーグ)

 不振の要因に「食の安全」に対する意識の高まりがあると指摘する声もある。11年まで使っていた、化学的に殺菌された加工肉が「ピンク・スライム」と呼ばれてイメージを落としたことや、昨年発覚した中国の食品会社の期限切れ鶏肉使用問題などが顧客離れをもたらしているというわけだ。マクドナルドは今月1日にイースターブルック最高経営責任者(CEO)が就任し、巻き返しを模索している。

 第2のスタバに

 一方のシェイク・シャックは「抗生物質や成長ホルモンを使わない牛肉」や新鮮な食材を使っていることが売り物。商品のカロリーは低くはないが、ジョギングイベントを主催するなど、健康的なイメージ作りにも力を入れる。

 また拡大路線の結果として「ありふれた店」になることを避けるため、早い段階から米国以外への進出に力を入れ、出店地域を分散させる戦略を取っているとも分析されている。

シェイク・シャックが「第2のスタバ」となって…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。