フェラーリ、ポルシェ、マクラーレンほか… 今年注目の輸入車はこの7台! (1/7ページ)

2015.3.8 17:00

【試乗レビュー】

 今年も2月初旬に、日本自動車輸入組合(JAIA)主催の合同試乗会が開催された。そこで試乗した今年注目の輸入車7台をピックアップ。その魅力をお届けしよう。

 ■アストンマーチン『Rapide S』

 アストンマーチンの4ドアクーペ「ラピード」の高性能版。558馬力を発生する6L、V型12気筒エンジンを搭載。リアシートはバケットシートが2つ。決して広大ではないのが画像からもご理解いただける通り、タイトで独特な掛け心地だ。3mを越えるホイールベースは山道でペースを上げても安定が損なわれるようなことは一切なく、スピードを上げるほど路面に押し付けられるように安定していく。

 スポーツモードではエンジンはより高回転域まで回り、脚は引き締まり、ひと回りもふた回りも小さなクルマを運転しているかのような一体感を伴って駆け巡っていく。過激な様子は一切なく、速さの中にエレガンスすら漂わせているのはアストンマーチンならではだ。個性的で、唯一無二の存在。

フォードの看板モデル「マスタング」の生誕50周年記念限定モデル

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。