トヨタといえども人材確保に苦労 新規採用2275人、生産現場の強化図る (2/3ページ)

2015.3.12 06:35

トヨタ自動車の採用者数

トヨタ自動車の採用者数【拡大】

 景気回復に伴う人手不足で、日本を代表するメーカーのトヨタといえども期間従業員の確保には苦労している。

 「カイゼン」で知られ、高い競争力を誇る生産現場を維持するためにも、優秀な人材の囲い込みは欠かせない。期間従業員の正社員への登用を拡大することで「中長期的な国内の競争力向上を図りたい」(同社広報)考えだ。

 また、15年春闘でトヨタの労働組合は、期間従業員にも正社員と同水準となる日額300円(月額6000円相当)のベースアップ(ベア)の実施を求めている。

 トヨタの採用数は08年度までは3000人台で推移してきたが、リーマン・ショック後の業績低迷や国内生産の縮小を反映し、09年度以降は千数百人の水準が続いてきた。

少子高齢化に伴う国内市場の縮小傾向は変わらない

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。