“B. ビフィダム Y株”入りの「BF-1」リニューアル ヤクルト、店頭にも販路拡大 (2/2ページ)

2015.3.24 11:00

リニューアルした「BF-1」

リニューアルした「BF-1」【拡大】

 この症状は「慢性胃炎」や「神経性胃炎」と呼ばれていたが、2013年に機能性ディスペプシアという保険病名が承認された。ストレスや胃酸の出過ぎ、胃の運動機能の異常・知覚過敏などが原因とされるが、治療法は確立していない。

 研究成果によると、重症な機能性消化管障害の患者に“B. ビフィダム Y株”入りの乳酸菌飲料を1日100ミリリットル、4週間飲用させたところ、消化器の自覚症状だけでなく心理症状やストレスの改善にも効果が認められたとしている。

 担当したヤクルト中央研究所の宮﨑幸司部長は「被験者にはFDの症状から仕事に支障をきたした方、どんな治療法でも良くならなかった方などにも参加いただき、その改善効果に非常に喜んでいただけた」と話している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。