徳川家康没後400年記念 特別展『大 関ヶ原展』(東京都江戸東京博物館)開幕2日目で来場者1万人突破!!

2015.3.30 17:40

1万人目来場者写真

1万人目来場者写真【拡大】

現在、東京都江戸東京博物館にて開催中の徳川家康没後400年記念特別展『大 関ヶ原展』の来場者数が、開幕2日目(3月29日(日))に、早くも1万人を突破しました。
昨日 3月29日(日)、記念セレモニーを執り行い、東京都江戸東京博物館の竹内誠館長より、1万人目の来場者に展覧会カタログなどの記念品が贈呈されました。

1万人目の来場者となったのは、徳島県徳島市からお越しの佐藤洋一さん・真由美さんと息子 悠大くん(8歳)。
「今日、東京に着いて子どもの希望で『大 関ヶ原展』に来ましたが、まさか1万人目の来場者になるとは!」と洋一さん・真由美さん。悠大くんは、「石田三成のものが見たいです!」と、お話しくださいました。

本展は、徳川家康没後400年を記念し、関ヶ原の戦いに参じた武将ゆかりの作品を史上最大規模で紹介する天下分け目の大展覧会です(『大 関ヶ原展』 会場:東京都江戸東京博物館/会期:3月28日(土)~5月17日(日)※京都・福岡巡回)。

東京展では、現存する最古の「関ケ原合戦図屏風」をはじめ、本多忠勝ら徳川四天王の具足や槍、石田三成の愛刀「正宗」、島左近の兜、大谷吉継の刀、家康にもたらされた「洋時計」など、国宝、重要文化財を含め、約150点以上が出品されます。
※3会場合計では、国宝・重要文化財は20点以上、合計300点以上の出品となります

また、会場では、本展スペシャルサポーターの杏さんと声優 中田譲治さん、竹本英史さんによる音声ガイドや、関ヶ原の地形、天候、武将の動きを再現した生きた合戦図「ジオラマ・プロジェクションマッピング」も登場し、日本の運命を変えた一日をわかりやすく、解説しています。

徳川家康没後400年記念 特別展『大 関ヶ原展』は、5月17日までの開催となります。
是非、この機会にご来場いただけますよう、お願いいたします。

※なお、本展は会期中に展示替えがございます。
 出陳品と展示期間などの詳細につきましては、公式ホームページ( http://sekigahara2015.com )をご参照ください。
※レキシによるオフィシャルテーマソングを起用した『大 関ヶ原展』のCMは関東ローカルでオンエア中です。

【徳川家康没後400年記念 特別展『大 関ヶ原展』】
■東京展
会期  :2015年3月28日(土)~5月17日(日)
会場  :東京都江戸東京博物館 1階展示室
休館日 :4月6日(月)・13日(月)・20日(月)
開館時間:午前9時30分~午後5時30分(土曜日は午後7時30分まで)
     ※入館は閉館の30分前まで
■京都展 2015年6月2日(火)~7月26日(日) 京都文化博物館
■福岡展 2015年8月7日(金)~10月4日(日) 福岡市博物館

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。