ホンダ「S660」、苦しい時期の“広告塔”としても期待 「軽」増税で (1/2ページ)

2015.3.31 06:25

ホンダが発売する軽自動車の2人乗り新型スポーツカー「S660」と開発責任者の椋本陵氏=30日午前、東京都港区

ホンダが発売する軽自動車の2人乗り新型スポーツカー「S660」と開発責任者の椋本陵氏=30日午前、東京都港区【拡大】

 ホンダは30日、軽自動車の新型スポーツカー「S660」を4月2日に発売すると発表した。軽の販売競争が過熱するなか、本格的な「走りの楽しさ」をアピールすることで若者など新たなユーザーを取り込みたい狙いがあり、他の軽メーカーもスポーツモデルに力を入れている。

 「クルマ離れといわれるわれわれの世代が、『クルマって楽しいんだぜ』という思いを直球で表現した」

 ホンダ最年少の開発責任者に抜擢(ばってき)された本田技術研究所の椋本(むくもと)陵氏(26)は、東京都内で同日開かれた発表会でこう強調した。

 S660は、車体中央にエンジンを置く「ミッドシップ」方式のオープンカー。主にレース車両に採用されるスタイルで、旋回時にも高い走行性能を発揮する。エンジンは軽自動車Nシリーズのものをスポーツカー向けに改良した。価格は198万~218万円。月間販売目標は800台。

 軽自動車のスポーツモデルでは、ダイハツ工業が昨年6月、樹脂製の外板などを好みのデザインに着せ替えできる2人乗りオープンカー「COPEN(コペン)」を発売し、人気を集めている。

スズキも「アルト」に、俊敏な走りが楽しめるスポーツモデル「ターボRS」を今月追加

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。