通信自由化30年 市場4倍22兆円 (2/2ページ)

2015.3.31 22:04

 郵政省(現総務省)の競争政策は、NTTの通信設備をオープン化し、競争を促進するのが最大の目的だった。だが、競争分野は当初の電話サービスから、インターネット環境の通信サービスに変わり、固定電話・通信からスマートフォンなどモバイル通信が市場の主戦場となった。

 競争軸が変化するなか、多くの新規通信事業者が淘(とう)汰(た)された。

 新生ソフトバンクモバイルについて、総務省幹部は「通信市場の新規参入と淘汰の歴史を象徴している」と話す。ソフトバンクモバイルの母体はボーダフォンが買収した携帯電話事業者J-フォン。ソフトバンクテレコムは旧日本テレコム、ワイモバイルは携帯電話事業者のイー・アクセスとPHS事業者ウィルコムが合併した会社だ。

 26年までソフトバンクの社長室長を務めた元衆議院議員の島聡ソフトバンク顧問は「ソフトバンクという企業が通信市場に残ったことは競争政策の成功を意味する」と振り返った。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。