“原発王国”関電のプライド「当社はパイオニアだ」 廃炉時代に模索続く (1/5ページ)

2015.4.4 17:10

美浜1号機の試送電の成功を伝える大阪万博会場の電光掲示板=昭和45年8月8日(関西電力提供)

美浜1号機の試送電の成功を伝える大阪万博会場の電光掲示板=昭和45年8月8日(関西電力提供)【拡大】

  • 関西電力が廃炉を決定した美浜原発の1号機と2号機(手前から)=福井県美浜町

 関西電力が、美浜原発1、2号機(福井県)の廃炉を決断した。世紀の難工事、黒部ダム(富山県)の建設中から原発を基幹電源に位置付けた関電。昭和45年に大阪万博の会場への送電に成功した美浜1号機は「原発王国」を築く礎となった象徴で、その廃炉は関電の経営が大きな転換点に差し掛かっていることを浮き彫りにしている。関電は今後も原発を電源の基軸に据えるが、原発をめぐる政策や世論は定まらず、情勢には不透明さが漂う。視界が見通せないなかでの暗中模索が続く。(内山智彦)

 パイオニアの矜持

 「当社は原子力開発のパイオニア。(原発により)関西に低廉な電気を供給して環境問題にも貢献してきた」

 昨年12月の記者会見。関電の八木誠社長は「なぜ原発に注力するか」との質問に対し、こう答えた。

 関電の原発開発の歴史は昭和32年にさかのぼる。国内9電力会社で最も早く原子力部を設置。原子力の将来性に目を向けた。前年には、資本金を超える事業費を投入した黒部ダム建設に着手したばかり。「世紀の難工事の行方も見えないなか、次のエネルギー開発を見据えていた。先見性とフロンティアスピリットに感じ入るものがある」と関電幹部は話す。

関電初の原発となる美浜1号機の運転開始に至る道のりは…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。