バイリンガル人材紹介コンサルで攻勢 ロバート・ウォルターズ・ジャパン (1/2ページ)

2015.4.6 05:00

ウォルターズ・ジャパンのデイビッド・スワン社長

ウォルターズ・ジャパンのデイビッド・スワン社長【拡大】

 □ロバート・ウォルターズ・ジャパン デイビッド・スワン社長

 スペシャリスト人材の紹介会社、英ロバート・ウォルターズは世界24カ国で事業を展開している。日本法人のロバート・ウォルターズ・ジャパンは2000年に設立され、進出15年を記念しラグビー日本代表のオフィシャルサプライヤーとなるなど、対日戦略に力を入れている。デイビッド・スワン社長は「今後の5年間でコンサルタントの数を倍増する」と、さらなる攻勢に意欲を示す。

 --ロバート・ウォルターズ・ジャパンの事業の特徴は

 「2カ国語以上の語学力を備え専門性の高い『バイリンガル・スペシャリスト』というグローバル人材に特化した、人材紹介サービスを提供している。強みはコンサルタントの質の高さ。スタッフの多くは10年以上、日本に滞在しており、日本語能力に加え国内の労働力市場に対する理解力は高水準だと自負している」

 --他の売り物は

 「専門分野に特化したコンサルタントによる30のチームを配属しており、転職者のヘッドハンティングから求人企業、派遣委託先とのマッチングを一貫して行っている点だ。例えば昨年には神奈川県に拠点を置く製造業に特化したチーム、今年に入ってからは自動車チームを立ち上げるなど細分化を図っている。これによって、より高度なコンサルティングを実現している」

 --市場を取り巻く環境は

 「ここ2年ほどは安倍政権の経済政策『アベノミクス』に伴う企業の景況感の改善によって、とくによい状況が続いている。日本では世界的にみても収益力が高い市場だ」

 --バイリンガル・スペシャリストが求められている理由は

 「日本では圧倒的に人材が不足しているからだ。その理由は女性の社会進出と密接にかかわってくる。外国語をきちんと勉強し話せる女性は多いものの、30代になって結婚・出産を機に労働市場から退場してしまい、再び戻るのが難しくなっているからだ」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。