大型サイクロン被害で厳しい状況が続くバヌアツにパンの缶詰やローソクを支援- 緊急支援のための募金呼びかけも -

2015.4.7 10:38

壊れた養鶏場(エファテ島)

壊れた養鶏場(エファテ島)【拡大】

  • 被災者の少年(エファテ島)
  • 首都ポートビラの被害状況(エファテ島)
  • 壊れた学校1(エファテ島)

日本国際飢餓対策機構(以下 当機構)は、大型サイクロンで被害を受けたバヌアツ共和国にパンの缶や停電用ローソクを届ける緊急支援を行うこととなりました。

日本国際飢餓対策機構: http://www.jifh.org/

3月13日のバヌアツ共和国を襲った大型サイクロンによる被災からまもなく1ヶ月をむかえます。国連によると現地では全人口の半数以上の16万6千人が避難所などに身を寄せており、壊滅的被害でインフラが機能しない中、深刻なモノ不足が続いています。そこで当機構は緊急支援として、パンの缶詰1,500缶(約3千食分)と停電用ローソク約4,500個、医薬品、タオルを現地に届ける手続きを進めています。

【支援の詳細】
今回現地に届ける災害用のパンの缶詰「救缶鳥」は、当機構の協力企業のパン・アキモト(栃木県那須塩原市)が災害備蓄用として同社からパンの缶詰を購入した会社などに支援を呼びかけて集まったもの。またローソクは、カメヤマローソクで知られるローソク大手の株式会社カメヤマ(本社:大阪市)の三重工場から無償で提供されるもので、長時間燃焼(約35時間)タイプとなっています。鎮痛剤や抗生物質などの医薬品は株式会社中京医薬品(愛知県)から、タオルは未使用のもので八尾市の中学校からの寄贈です。

当機構は、この物資を現地まで空輸し、救援活動中の海外パートナーの国際飢餓対策機構ニュージーランドや地元の支援グループと協力しながら、支援の手がゆき届かない貧困世帯などを優先に配布を行います。とくに現地では風速70メートルを超えるサイクロンで送電設備が壊れたため停電が続いており、被災者からローソクが欲しいとの要望が出ています。

パン・アキモト : http://www.panakimoto.com/index.html
カメヤマローソク: http://rosoku.kameyama.co.jp/
中京医薬品   : http://chukyoiyakuhin.biz/index.html

【支援募金について】
当機構では、バヌアツサイクロン被災者緊急支援のために募金を呼びかけています。募金は、郵便振替かウェブサイトから直接クレジットカード決済が利用できます。

●郵便振替 00170-9-68590
 ※記入欄に必ず「バヌアツサイクロン」と明記

ウェブサイトは、 http://www.jifh.org ※現地の写真を掲載中(転載可)

【一般財団法人 日本国際飢餓対策機構(JIFH)】
非営利の民間海外協力団体(NGO)として、1981年以来、世界の貧困・飢餓問題の解決のために、自立開発協力、教育支援、緊急支援、海外スタッフ派遣などを続けています。最近の緊急支援活動では、一昨年のフィリピン大型台風支援、昨年夏の広島土砂災害でも緊急物資の配布、ボランティアの派遣などを行いました。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。