最適な電源構成とは? 原発の40年超運転が不可欠 議論大詰め (1/4ページ)

2015.4.12 17:05

 ■【日曜経済講座】論説委員・井伊重之

 2030(平成42)年時点の電源構成を定める議論が大詰めを迎えている。火力と原子力に加え、再生可能エネルギーを組み合わせて、最適な構成(ベストミックス)を目指す。電力は暮らしや産業を支える重要な基盤である。その構成の決定には政治的な主張や思惑を排し、経済性や環境性、エネルギー安全保障などを勘案しながら、バランスを取る必要がある。それが将来世代に対する責任を果たすことにもつながる。

 経済産業省の有識者会議が進めている電源構成をめぐる議論は、電源に占める原発比率が焦点だ。東日本大震災に伴う福島第1原発事故で、国内すべての原発が稼働を停止する中で、事故前に約3割あった原発比率をどこまで引き下げるかに注目が集まる。

 だが、現在の電源の姿をみると、原発停止で火力発電に電源の9割近くを依存する歪(ゆが)んだ構成になっている。こうした火力集中は、1973年の第1次石油危機時を上回る。原油輸入の途絶懸念からパニックに陥ったあの危機を教訓にして、日本は脱原油・脱中東を進めたものの、原発事故で元に戻った格好だ。

 経産省は、昼夜問わずに一定の発電を継続する「ベースロード電源」の比率を6割程度にしたい考えだ。このベースロードには原発と水力、石炭のほか、再生エネの地熱も含まれる。同じ再生エネでも24時間稼働ができない太陽光や風力は対象とならない。日本は原発事故前にベースロード電源が全体の6割だったが、原発の停止で現在は4割に低下している。

電気代の高騰は中小企業などの経営にも深刻な打撃

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。