【クルマ人】末永く愛されたい… ホンダ「S660」は期待以上の完成度 (1/4ページ)

2015.4.19 07:00

ホンダ「S660」発表会フォトセッションする椋本陵・開発責任者=東京・南青山(宮川浩和撮影)

ホンダ「S660」発表会フォトセッションする椋本陵・開発責任者=東京・南青山(宮川浩和撮影)【拡大】

  • ホンダが19年ぶりに発売する軽自動車の新型スポーツカー「S660」の開発チーム。後列中央が開発責任者の椋本陵さん=栃木県芳賀町

 26歳開発責任者が込めた思い

 ホンダが発売した軽自動車の新型スポーツカー「S660」。同社最年少開発責任者のもと、若手メンバーが中心となって開発にあたった。東日本大震災で拠点となる研究所が被災する困難を乗り越えての開発。ホンダにとって19年ぶりの軽スポーツカーに若手が込めた思いとは。開発責任者の椋本陵さん(26)に聞いた。

 --軽自動車のスポーツカーにこだわった

 「愛車はホンダのスポーツカー、S2000。無理をして買った車だが、『乗せていただいている感』がぬぐえなかった。人が車を操っている感覚が味わえる、コンパクトなスポーツカーを求めて社内の新商品企画コンペに応募した。軽スポーツカーは過去にも発売されているが、普通車のスポーツカーに比べて長く所有されている。維持費の安い軽であれば、末永く愛される車になると思った」

 --提案が社内コンペでグランプリを獲得し、開発責任者に指名された。しかし、開発を始めた直後に東日本大震災が発生。拠点の本田技術研究所四輪R&Dセンター(栃木県芳賀町)も被災した

「開発計画はなくなるのかもしれないと思った」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。