原油反発、4カ月ぶり高値 シェール減産の兆し 国内の景気回復に影響も (1/2ページ)

2015.4.25 06:40

 昨年後半から急落していた原油価格が反発している。価格急落の要因となっていた米国産シェールオイルの増産に鈍化の兆しが見え始めているためだ。中東産油国などでつくる石油輸出国機構(OPEC)は減産に動く兆しはなく、6月の総会でも減産を見送る公算が大きいが、ガソリンなどの需要が高まる6月以降は価格がさらに上昇するとの見方も強い。国内でこれまで広がっていた原油安の恩恵が薄らぎ、景気回復に水を差す可能性もある。

 国際指標となる米国産標準油種(WTI)の価格は、3月に1バレル当たり43ドル台にまで落ち込んだが、今月23日のニューヨーク原油先物相場では6月渡しが前日比1.58ドル高の57.74ドルで取引を終えた。昨年12月中旬以来、約4カ月ぶりの高値水準となった。

 背景には、サウジアラビア軍などによるイエメンへの空爆が続き、中東原油の供給不安が広がっていることや、米国の原油生産がさらに減少するとの観測がある。

 米エネルギー情報局(EIA)によると、17日時点の原油在庫(戦略備蓄を除く)は4億8900万バレルと高水準で、供給過剰感は否めない。しかし同日時点の産油量は前週比0.2%減の日量936.6万バレルで、2週連続で減少した。

 また米石油サービス会社ベーカー・ヒューズによると、米国で原油生産に使うリグの稼働数は17日時点で734基。ピークだった昨年10月の半分以下に減っている。この間に原油価格が急落し、シェール各社が採算が合わないとして新規投資を抑えているためだ。

「原油価格は一定レベルで安定するほうが望ましい」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。