成田空港、LCC誘致に活路 専用ターミナル開業、羽田やアジア各国と対決へ (1/5ページ)

2015.5.4 07:15

オープンした成田空港の第3ターミナル=4月8日

オープンした成田空港の第3ターミナル=4月8日【拡大】

 成田空港で4月8日、格安航空会社(LCC)専用の「第3旅客ターミナル」が開業した。成田で新しいターミナルビルが稼働したのは22年4カ月ぶり。東京都心から近い羽田空港で国際化が進むほか、アジアの主要空港との競争も厳しさを増している。“内憂外患”を抱え、地盤沈下が現実味を帯びる中、成田は「LCC誘致」を活路の一つとしていく考えだ。

 実際に第3旅客ターミナルに入ってみて印象的なのは、その簡素なつくりだ。天井は仕上げ板がなく、配管類や柱がむき出しになっている。利用客が機内に乗り込むときも搭乗橋は備えておらず、「エプロンルーフ」と呼ばれる伸縮可能な搭乗通路を用いる。とにかく建設コストを切り詰めた。

 一方、こだわりもある。LCCは早朝便も多く、空港で一夜を明かす利用客のために、横になって休めるソファベンチを100席以上設置。国内の空港で最大規模という約450席のフードコートは午前4時から営業している。

 建設費4割カット

 建設費は約150億円。既存の第1、第2旅客ターミナルに比べ、建設コストを1平方メートル当たりで4割削った。これにより航空各社が負担する施設使用料を既存の旅客ターミナルの半額程度に抑えたほか、利用客が支払う施設使用料も国内線出発(大人)の場合は約14%安い。

現在、成田に乗り入れているLCCは14社。このうち…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。