存在感薄い国産スマホ、総撤退の危機 iPhoneだらけの日本はいま… (6/6ページ)

2015.5.6 08:23

ソニーの「エクスペリアZ4」。カメラの機能やアプリを大幅に強化した

ソニーの「エクスペリアZ4」。カメラの機能やアプリを大幅に強化した【拡大】

  • ソニーが今夏にも投入するスマホの新機種「エクスペリアZ4」。最先端のカメラ機能やAV技術を盛り込み、シェア奪回を目指す=4月20日、東京都港区(ブルームバーグ)

 パソコンは製品の差別化が難しくなり、価格勝負となった結果、労働コストの低い新興国のメーカーに太刀打ちできなくなった。液晶テレビも同じパターンで国内勢は苦境に陥った。

 スマホも機能やデザイン面で進化の限界が見え始め、コモディティ化が始まっているとの指摘もある。国産のスマホはパソコンやテレビと同じ道をたどるのか、それとも息を吹き返すのか。その岐路に直面している。

 スマホを手掛ける国内メーカーの多くは海外市場からの撤退や事業縮小を余儀なくされ、国際的な存在感は薄い。国内市場で一層の劣勢に追い込まれれば、国内を含めた「完全撤退」を決断するメーカーが現れる事態も、現実味を帯びてきそうだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。