ソフトバンク、純増数で3位転落…ドコモと明暗 携帯3社、15年3月期契約 (1/2ページ)

2015.5.13 06:28

 携帯大手3社の2015年3月期の携帯電話契約数は、前期比6%増の1兆4783万9000件に達した。しかし、新規契約数から解約数を引いた純増数は1年前と激変し、長年独り勝ちを続けてきたソフトバンクが3位に転落、NTTドコモと明暗を分けた。

 NTTドコモは米アップルのスマートフォン「アイフォーン」販売効果や定額通話などの新料金プランで解約に歯止めがかかったことが奏功し、前期の156万9000件から349万件に2倍以上増えた。

 一方、ソフトバンクは前期の344万5000件から184万1000件と半分近くまで落ち込み、KDDIにも抜かれて3位に転落した。

 ソフトバンクは従来、割安な料金プランや人気スマホ「アイフォーン」の国内販売で先行した利を生かし、純増トップを独走してきた。

 しかし、KDDIとドコモが相次ぎ「アイフォーン」を取り扱い、ソフトバンクの独り勝ち状態も息切れ。孫正義社長は11日の決算発表で「国内の携帯市場はゼロサムゲーム。数は追わない」と述べ、純増競争からの離脱を宣言した。

「アイフォーン」の機種変更による販売台数では強さを維持できそう

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。