【マネジメント新時代】自動車 求められる海外戦略再構築 (3/3ページ)

2015.5.23 05:00

中国国内で販売が好調なBYDのプラグインハイブリッド車「秦(Qin)」(ブルームバーグ)

中国国内で販売が好調なBYDのプラグインハイブリッド車「秦(Qin)」(ブルームバーグ)【拡大】

 このように考えたとき、果たして日系自動車メーカーおよび部品メーカーの戦略はどうであろうか。円安が一段落し、各地域のマーケットが成長と縮小を織りなす中、まさに戦略の再構築が求められる時期に来ているとみる。個々にカントリーリスクがあることは自明であるが、それでもあまりに早く見切りすぎている点はないだろうか。

 一方、欧米は政治と経済を巧みに使い分け、結果的に中国で自動車ビジネスを拡大している。ドイツなどは、しつこく交渉し、地道にポジションを積み重ねているようだ。歴史的に国境がたびたび変更となった経験からの粘り強い交渉力であろうか、学ぶべき点は多い。

                   ◇

【プロフィル】和田憲一郎

 わだ・けんいちろう 新潟大工卒。1989年三菱自動車入社。主に内装設計を担当し、2005年に新世代電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」プロジェクトマネージャー、EVビジネス本部上級エキスパートなどを歴任。13年3月退社。同年4月に車両の電動化に特化したエレクトリフィケーションコンサルティングを設立し、現職。著書に『成功する新商品開発プロジェクトのすすめ方』(同文舘出版)がある。58歳。福井県出身。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。