【フジテレビ商品研究所 優品ズームアップ】ロボット掃除機「ルーロ」 (1/4ページ)

2015.5.23 05:00

独自の三角形状で部屋の隅や壁際のごみまでしっかり掃除できるパナソニックのロボット掃除機「ルーロ」

独自の三角形状で部屋の隅や壁際のごみまでしっかり掃除できるパナソニックのロボット掃除機「ルーロ」【拡大】

  • 1993年に羽田空港に導入した業務用ロボット掃除機
  • 2002年に技術発表した家庭用ロボット掃除機
  • 「ルーロ」の本体裏面。前方両端のサイドブラシでかき込んだごみを180ミリメートルの幅広い吸込口で吸引。コーナーでは片方のサイドブラシを差し入れて、頭を振りながら丁寧に掃除
  • フローリング(上)も畳も、広い範囲のごみを取り残すことなく掃除できる

 □パナソニック ロボット掃除機「ルーロ」

 ■ごみの取り残し解消する“おむすび型”

 日本に登場した当初は、物珍しさで売れている感が強かったロボット掃除機も、国内勢参入の効果もあってか、今年度の需要は60万台を超えると見込まれている。そんなロボット掃除機市場に、今年3月パナソニックが投入した「ルーロ」。おむすび型のユニークな形状は、ユーザーに満足してもらえる“掃除性能”を追求した成果だった。

 ◆技術発表から10年以上

 パナソニックのロボット掃除機開発の歴史は30年前にまで遡(さかのぼ)る。開発がスタートして8年後の1993年には、羽田空港ターミナル向けに業務用ロボット掃除機を導入している。さらに、2002年には、世界で初めて安全系、集塵(しゅうじん)系センサーを搭載した家庭用ロボット掃除機の技術発表にも漕(こ)ぎつけている。しかし、実際に商品を発売するまでには、技術発表から10年以上の年月を要した。

 その背景には、基本的な性能である掃除性能をユーザーに満足してもらえるレベルに仕上げることへのこだわりがあった。実際にロボット掃除機を使っている人の声を聞いてみると、“狭い場所”や“部屋の隅”の掃除性能に関して、4割前後の人が不満を述べている。さらに、これから購入を考えている人に、ロボット掃除機の購入を躊躇(ちゅうちょ)させる理由を聞いても、掃除性能に関する不安を抱いている人がほぼ同様の割合でいることが分かった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。