英語学習アプリ、社会人向け12種 アルクとプレイスクエア

2015.5.25 05:00

 eラーニング教材を企画制作するアルク(東京都杉並区)とアプリケーション開発のプレイスクエア(同渋谷区)は、アルクの英語学習書籍のコンテンツを使ったビジネスパーソン向けアプリ「アルク プレミアムパス」の提供を開始した。一部は無料だが、レベルや目的の異なるさまざまなアプリを有料で用意している。

 無料版は1日に10個の英単語と1つのセンテンスの英文法を学習できる。有料版は英単語、英文法、リスニングなど、初級から上級までのユーザーを対象とした12種類がラインナップされている。

 入力した英文のスペル、語順、文法などをリアルタイムで添削する機能を搭載している。また、詳細な解説や文法も説明される。単語の出題は、日本人の英語学習者にとって有用な1万2000語から選出。ネーティブスピーカーの使用頻度や難易度を考慮して段階別に区分した。

 使い放題で1カ月1200円から。8月末までの期間限定で特別割引を実施している。初年度は有料会員2万人を見込む。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。