日産のミニバンタクシー、都内で本格デビュー 荷物多い外国人観光客ら狙う

2015.6.8 16:30

東京都内で本格走行を始めた日産自動車のミニバン型タクシー「NV200タクシー」=8日、東京都港区(松岡朋枝撮影)

東京都内で本格走行を始めた日産自動車のミニバン型タクシー「NV200タクシー」=8日、東京都港区(松岡朋枝撮影)【拡大】

  • 東京都内で本格走行を始めた日産自動車のミニバン型タクシー「NV200タクシー」=8日、東京都港区(松岡朋枝撮影)

 日産自動車が8日、ミニバン型のタクシー専用車の出発式を東京都港区で開き、都内での本格走行が始まった。日産は2020年の東京五輪に向けて増加が見込まれる外国人観光客などの需要を取り込み、タクシーでシェアトップのトヨタ自動車を追撃する構えだ。

 本格走行を始めたのは「NV200タクシー」。5人乗りで荷室にはスーツケースが4個収納できるほか、電動式のスライドステップで高齢者や子供も楽に乗り降りができる。国内はセダン型が主流だが、ミニバン型は多くの荷物が積め、乗り降りがしやすいなどの利点がある。

 8日の出発式後には、初期導入したタクシー会社の35台が銀座やお台場などをパレードした。

 すでに米ニューヨークでは次世代イエローキャブとして約700台が走行。スペインのバルセロナなど欧州ではNV200の電気自動車をベースにしたタクシーが導入されているが、国内はセダン型が主流で、トヨタがシェアの大半を握っている。

 8日の出発式で星野朝子専務執行役員は「大きなスーツケースをセダン型のタクシーに積むことは難しい。(ミニバン型は)広々とした席でリラックスし、サンルーフから東京の街並みを楽しむこともできる」と外国人観光客などへの利点を強調。高齢者や子育て中の世帯など「強い国内ニーズも存在している」と潜在需要を指摘した。

 NV200タクシーの価格をセダン型と同等の219万6720円からに設定し、年間1千台の販売を目指す。日産はNV200の発売を前に昨年9月にセダン型「セドリック」の生産を中止しており、ミニバン型の普及で市場でのシェアを高める考えだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。