すかいらーく、カフェ本格参入 外食大手「手堅い市場」争奪戦激化 (1/2ページ)

2015.6.10 06:26

 すかいらーくは9日、カフェ事業に本格的に参入することを明らかにした。3月から横浜市南区で運営している「むさしの森珈琲」ブランドを、年内に新たに2店舗を首都圏で出店する。ファミリーレストランよりも落ち着いた雰囲気の空間で、上質なコーヒーを味わいたいという消費者のニーズが高まっていると判断。カフェ事業を新たな収益の柱に育てたい考えだ。

 むさしの森珈琲では、厳選した豆をハンドドリップして提供するほか、店内を茶色の落ち着いた雰囲気に統一し、ソファを配置するなど「癒やし」を演出した空間が特徴だ。

 コーヒーと一緒に味わうスイーツにも力を入れ、客単価は平均1000円程度で採算性は高いという。

 同社の谷真社長は「カフェなど時間消費型の市場は明らかに伸びている」と、出店を拡大する狙いを説明する。

異業種の外食大手が、相次ぎカフェ事業に新規参入

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。