東芝がグループ環境展 「水素」活用の新エネルギーシステムなど

2015.6.11 18:41

川崎市にあるラゾーナ川崎東芝ビルで開かれた東芝グループ環境展=11日、神奈川県川崎市

川崎市にあるラゾーナ川崎東芝ビルで開かれた東芝グループ環境展=11日、神奈川県川崎市【拡大】

 東芝は11日、川崎市で「東芝グループ環境展」を開いた。同社の環境保全活動や環境配慮型の商品を紹介している。開催は12日まで。

 今年で24回目を迎える環境展は、家電事業や電子部品事業などを紹介。その中で、今年4月から川崎市と協同で取り組んでいる「自立型水素エネルギー供給システム」の実証試験の様子を公開。再生可能エネルギーと水で水素を作り出し、それを利用して電気と湯を供給するシステムで、二酸化炭素の排出量ゼロを実現している。

 このほかにも、世界シェア首位の地熱発電では、腐食性の高い地熱蒸気でもトラブルなく安定的に運転できる技術をアピールしている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。