日本公庫、ミャンマー金融に融資ノウハウ 中小企業進出へ環境整備 (1/2ページ)

2015.6.13 07:13

ミャンマー・ネピドーで4月に実施した第1弾のセミナー

ミャンマー・ネピドーで4月に実施した第1弾のセミナー【拡大】

 日本政策金融公庫は、ミャンマーの金融機関を対象に、中小企業向け融資審査ノウハウを伝授する技術協力に乗り出した。ベトナム、マレーシア、ラオスに次いで4カ国目。ミャンマーは経済改革を進めており、今後も経済発展が見込まれている。この取り組みを通じ、日本の中小企業が現地に進出しやすい環境を整備する。

 技術協力は、財務総合政策研究所(財務総研)によるODA(政府開発援助)事業の一環。第1弾として今年4月、首都ネピドーと最大都市ヤンゴンでミャンマー経済銀行の職員ら約130人に対しセミナーを開催した。

 ミャンマーの金融機関は東南アジア諸国と同様、決算書データの分析などが行われておらず融資審査ノウハウが不足。このため担保に依存した融資にならざるを得ず、成長力のある中小企業に十分な資金供給が行われていないのが現状だ。

 第1回セミナーでは「企業の実態にどのように近づけばよいか」といった基本的な審査法に関する講義を行った。今後は現場の理解が進むように、ケーススタディーを盛り込んだ実務的なセミナーなどを段階的に実施し、審査スキルの向上につなげる。

 日本の中小企業の動向をみると、ソフト開発会社や衣料品メーカーなどがミャンマー進出に意欲的で、今後もこうした分野を中心に加速するとみられている。

現地金融機関の審査能力が向上すれば、地元中小企業の信用状況を…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。