マッサン人気で「竹鶴」売れすぎの余波…原酒不足でニッカが「余市」など商品内容を変更

2015.6.15 17:14

アサヒビールが9月からリニューアルして売り出す「シングルモルト余市」

アサヒビールが9月からリニューアルして売り出す「シングルモルト余市」【拡大】

  • アサヒビールが9月からリニューアルして売り出す「シングルモルト宮城峡」

 アサヒビールは15日、傘下のニッカウヰスキーが製造するウイスキー「余市」と「宮城峡」の中身を9月にリニューアルして発売すると発表した。現在の「10年」や「12年」など熟成年数を表す商品の販売を終え、若い原酒などを使い、年数を示さない「ノンエイジ商品」として売り出す。

 ニッカ創業者をモデルにしたNHK連続ドラマ「マッサン」の影響で、主力製品「竹鶴」の売れ行き好調が続いており、熟成に時間がかかる原酒が不足しつつあるため。

 余市と宮城峡は9月以降「シングルモルト余市」と「シングルモルト宮城峡」の名称で売り出す。参考価格は700ミリリットル入りで税別4200円。2銘柄合計で9月からの1年間で3万4千ケース(1ケースは700ミリリットル×12本)の販売を計画する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。