「鳥貴族」が東証2部にスピード昇格 関ジャニ∞大倉さんの父が社長

2015.6.22 18:37

 2014年7月10日にベンチャー市場であるJASDAQ市場に上場したばかりの焼き鳥居酒屋「鳥貴族」が、ちょうど1年後の今年7月10日に東京証券取引所第2部にくら替えすることが22日決まった。鳥貴族の創業者で社長の大倉忠司氏は、関ジャニ∞の人気メンバーである大倉忠義さんの父親ということでも注目されている会社。

 鳥貴族は1986年9月設立。1品280円の低価格メニューで若者が中心の来店客を満足させ、業績を伸ばしている。JASDAQ公開後の2014年7月期の単体決算は、売上高が146億円で前年度比13.6%増加、最終利益は93.3%増の4億1千万円。今7月期も順調に収益を伸ばしており、売上高は18.2%増の172億円、最終利益は22.1%増の5億円を予想している。店舗数も増えており、今年4月末時点で402店と400店を突破した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。