シャンデリア販売を核に関連事業も強化 EL JEWEL・森みどり社長 (1/4ページ)

2015.6.22 05:00

 シャンデリアや欧州クラシックスタイルの室内装飾…。まだまだ日本ではニッチな分野ではあるが、輸入住宅などに住み購入意欲が高い顧客層に支えられているのも事実だ。この領域にターゲットを絞って事業展開しているのが「EL JEWEL(エルジュエル)」。モットーは「エルジュエルでベルサイユを」だ。

 創業者である森みどり社長が事業に乗り出したきっかけは、夫が転勤族で田舎暮らしが長かったため。自家用車もなく、近くの田んぼでサギが子育てをしていたり、コンビニエンスストアには自転車で15分を要するといった不便な場所に居を構えるケースが多かった。

 ◆あしき商習慣残存

 必然的にインターネット経由で買い物を行う機会が増えていった。これに伴い適正な価格で購入し高い価格で転売するという、ネットショッピングのコツも把握していく。そんなとき、「ヤフオク!」を通じてある装飾品を販売したところ、想定以上の売り上げを記録。「他の商材でもヒットにつながるものはないか」と、一段と真剣に取り組むようになった。

 その頃、森さんは1人暮らしをするようになる。マリー・アントワネットの生涯を描いた映画に触発されたこともあり、白色の家具とシャンデリアを購入しようと思ったが、なかなか見つからなかった。

 日本の場合、照明器具には部屋全体を明るくする機能が求められる。シャンデリアは、こうした明るさに欠けるため欧米のように主流の器具になりにくい。しかし、普及が進まない理由は文化的な問題だけでなく、価格の問題もある。

 欧米ではシャンデリアがホームセンターでも販売され、割安な価格で購入できる。しかし、日本ではいまだに1980年代後半~90年代前半のバブル価格が残っており、仕入れ値の10倍で取引されるケースも珍しくはなかった。また、家具販売店が顧客を海外に連れて行くといった商習慣も残存していた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。