アリョール 発電量シミュレーション 衛星データ解析で日射量予測 (2/3ページ)

2015.6.22 05:00

気象衛星の画像データを確認する山本社長

気象衛星の画像データを確認する山本社長【拡大】

 ◆15万地点をきめ細かく

 太陽光発電量の予測をめぐっては、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が提供する日射量データを参考にする事業者が多かった。しかし、その観測地点数は全国837カ所にすぎず、実際にパネルを設置した場所の日射量との誤差も大きい。

 これに対し、アリョールが提供するシミュレーションシステム「ソーラーメッシュ」では約200倍、15万地点のデータを活用。5キロメートル四方と狭い範囲での日射量予測を可能にしている。

 具体的には「ひまわり7号」の画像データから雲の位置と厚みを推定し、過去のデータも組み合わせ、将来の日射量を推定。その結果から1~10日後の発電量をシミュレーションする。

 さらに、当日観測された実際の天気を基に、シミュレーション結果とのずれを補正し、3時間ごとに修正を加えている。「ひまわり8号」からのデータを使えば、修正の間隔を短くすることが可能になり、予測精度がより高まるわけだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。