【株主総会ライブ】シャープ(3)巨額赤字転落を陳謝…本社売却などコストカットに理解求める (1/2ページ)

2015.6.23 11:42

【シャープ株主総会】株主総会の模様はモニターでも流された。冒頭、高橋興三社長が謝罪し頭を下げた=23日午前10時2分、大阪市西区(竹川禎一郎撮影)

【シャープ株主総会】株主総会の模様はモニターでも流された。冒頭、高橋興三社長が謝罪し頭を下げた=23日午前10時2分、大阪市西区(竹川禎一郎撮影)【拡大】

 《映像による事業報告に続き、高橋興三社長が、平成25年3月期に続き、再び巨額な赤字を計上したことを陳謝し、改めて頭を下げた》

 高橋社長「業績悪化の要因は変化への機敏な対応力の弱さ、成長事業の立ち上げ遅れ、コスト競争力の低下、ガバナンス(企業統治)や経営管理力の不足にあったと認識している」と述べ、抜本的改革の断行で安定的企業収益を図るため新たな中期経営計画を策定したとした。

 今回の赤字転落で自己資本比率が1・5%まで下がったシャープ。財務基盤の再構築のため、主力取引銀行2行に対し総額2千億円、成長分野への投資資金として企業再生ファンド「ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ」に250億円の優先株を発行し、出資を受けることを報告した。

 今期の決算書で「継続企業の前提に関する重要な疑義を生じる」と記載される事態に陥った。この点について「金融機関から支援継続の内諾をいただいており、新たな中期経営計画中の継続的な支援のもと、具体的対応策を実施することで継続企業として不確実性は認められません」と金融機関の支援を強調し、理解を求めた。

 《会場には中期経営計画についてのスライドが映し出され、高橋社長はカンパニー制導入と重点戦略の説明に移った》

「世の中になくてはならない会社であることが、株主様のご恩に報いることだ」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。