パナソニックが「タフパッド」4Kモデルを2機種発売 企業向けに

2015.6.23 15:48

パナソニックの最新「タフパッド4K」シリーズの「FZ-Y1CH」に映し出された撮影画像=23日、東京都千代田区(小林健一撮影)

パナソニックの最新「タフパッド4K」シリーズの「FZ-Y1CH」に映し出された撮影画像=23日、東京都千代田区(小林健一撮影)【拡大】

 パナソニックは23日、フルハイビジョンの4倍の解像度4Kに対応した法人向けタブレット端末「タフパッド4K」の新製品2モデルを8月25日より発売すると発表した。

 最上位モデルには、通信インターフェースの標準規格「HDMI2.0」を世界で初めて搭載し、4Kのビデオやカメラで撮影した映像を4Kのまま表示が可能となった。また、耐落下や耐衝撃性など従来通りの頑強性を維持したまま、20型タブレット端末としては、世界最軽量の約2.3キロ、世界最薄の12.5ミリを実現した。この高解像度を活かし、映像制作や医療業界などで受注獲得を目指す。

 想定価格は、最上位モデルの「FZーY1CH」が約36万円、ベーシックモデルの「FZーY1CA」が約33万円。年産台数は、タフブック、タフパッドシリーズ全体で5万台。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。