ソニー、成長事業に絶対の自信 復活信じる投資家…大荒れシャープとは対照的 (1/4ページ)

2015.6.24 06:30

ソニーの株主総会の会場に向かう株主ら。年間配当は無配とされたが、会社側が提案した議案は全て承認された=23日、東京都港区(ブルームバーグ)

ソニーの株主総会の会場に向かう株主ら。年間配当は無配とされたが、会社側が提案した議案は全て承認された=23日、東京都港区(ブルームバーグ)【拡大】

【革新 ソニーの“苦闘”】(上)株主総会、平井社長が無配を陳謝

 2015年3月期の決算で電機大手各社が好業績となる中、2年連続の最終赤字に陥ったソニーは23日、東京都内で株主総会を開き、会社側が提案した取締役選任議案などを可決した。同期の年間配当は上場以来初の無配となり、議長を務めた社長の平井一夫は「株主の皆さまに深くおわびする」と陳謝。「改革と計画の実行に邁進(まいしん)する」と強調したものの、数字として表れていないだけに株主の不満は充満しつつある。ただ、足元では復活の兆しも出てきた。再建を急ぐソニーの苦闘を追う。

 「原案通り可決されました」

 ソニーの株主総会は目立った波乱もなく淡々と進み、約1時間半で終了した。今期は最終損益で3期ぶりの黒字転換を計画しており、平井は「復配を実現したい」と強調。だが、平井の表情は、最後まで硬いままだった。

 理由の一つに、米議決権行使助言会社インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)が、平井の取締役再任議案に反対するよう推奨したことがあったとみられる。議決権行使の詳細な結果は後日公表されるが、機関投資家の反対票により、平井に対する賛成率はある程度、押し下げられた可能性がある。

ソニーの業績は、優良企業とはいえない状況

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。