東芝 不適切会計1500億円規模に テレビ、半導体、パソコンでも発覚

2015.7.6 05:58

 東芝の不適切会計問題で過大に計上した連結営業利益の総額が、現在判明している548億円から、1500億円規模に膨らむ見通しであることが分かった。インフラ関連工事に加え、新たにテレビ、半導体、パソコンの各事業でも不適切な会計処理があったもようだ。

 連結営業利益の過大計上により、2010年3月期~14年3月期の決算を遡(さかのぼ)って減額修正する見込み。これまでの過大計上で判明しているのは、次世代電力計「スマートメーター」用の通信システムなどインフラ関連工事が中心だった。

 5月に設置した第三者委員会がインフラ関係に加え、他の3分野についても調査中だが、不適切処理の具体的な事例が出てきているもようだ。

 テレビ事業では、請求が遅れた販促費を経費に計上せずに先送りした問題などが浮上。半導体では在庫評価で、コストが増えたのに期初の見積もりを据え置いたりして、利益の過大計上につながった可能性が指摘されている。パソコンでは、製造を委託している海外の会社に部品を販売して得た利益を適切に計上していなかったようだ。

■東芝、経営陣の進退問題発展は不可避 主要事業の大半が“クロ”

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。