狙いは? 日米2社“スカイマーク争奪戦” 日本市場参入へ「渡りに船」 (2/3ページ)

2015.7.16 06:41

米イントレピッド主導のスカイマーク再建計画への参加を表明する米デルタ航空・森本大日本支社長(右)とイントレピッドのフランクリン・プレイ最高経営責任者=15日午後、東京都中央区

米イントレピッド主導のスカイマーク再建計画への参加を表明する米デルタ航空・森本大日本支社長(右)とイントレピッドのフランクリン・プレイ最高経営責任者=15日午後、東京都中央区【拡大】

  • スカイマーク再生計画の流れ

 また、デルタが所属する国際航空連合「スカイチーム」は日本国内に提携会社がない。全日本空輸が入る「スターアライアンス」には米ユナイテッド航空が、日本航空が入る「ワンワールド」には米アメリカン航空がそれぞれ加盟。独自の戦いを強いられるデルタは、他の米航空大手と比べて日本戦略で後れを取ってきた。今回のスカイマーク支援は“渡りに船”だった。

 だが、デルタの日本参入には課題も多い。デルタの日本路線は成田空港の発着路線が半数以上を占める。将来的には共同運航(コードシェア)なども検討する考えだが、羽田拠点のスカイマークとは「即効性のある効果は望めない」(業界関係者)との声もある。

 また、政府内には羽田発着枠を外資に開放することに慎重な意見も根強いほか、デルタは国際線とは異なる運航ノウハウや整備拠点の拡充なども新たに求められることになる。

ANA支援案かデルタ支援案か。その行方は…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。