チリ産ワイン人気急上昇、新商品相次ぐ 日本人好みの味 仏産に次ぐ規模に (1/2ページ)

2015.7.22 06:19

新商品「サンタバイサンタカロリーナ」を発表するサントリーワインインターナショナルの横江博和専務(左)=21日、東京都港区

新商品「サンタバイサンタカロリーナ」を発表するサントリーワインインターナショナルの横江博和専務(左)=21日、東京都港区【拡大】

 ワイン各社がチリ産ブランドの販売に力を入れている。1000円前後の手頃な価格と、芳醇(ほうじゅん)な味わいや香りが日本人の舌に合い人気が高まっているためだ。各社は老舗メーカーとの連携や日本の食に合う味わいを引き出した新商品の投入などで新規顧客の取り込みを目指している。

 サントリーワインインターナショナルは21日、チリワインの新商品「サンタ バイ サンタ カロリーナ」を9月15日から売り出すと発表した。チリの老舗ワインメーカーのサンタ カロリーナとの共同開発品で、赤・白とも料理に合う華やかな香りが特徴という。店頭想定価格は税別500~600円。年内に10万ケース(1ケースは750ミリリットル×12本換算)の販売を狙う。同日、都内で会見したサントリーワインの横江博和専務は「日本の食事に合うよう、赤はやわらかく、白は爽やかな味わいを引き出した」と述べた。

 メルシャンは、チリ産ワインの輸出数量でトップのワイナリー「コンチャ・イ・トロ」が製造している「プードゥ」を今月28日に発売する。赤・白ともほのかな甘みが特徴だ。参考小売価格は税別610円。年内に6万ケースの販売を計画している。

フランスに次ぐ第2位の規模に成長

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。