西友の跡地に“ライバルスーパー”出店へ「地元企業として役立ちたい」 (2/2ページ)

2015.8.6 11:35

 これに対し、夏原社長は「採算面の不安はあるが、商店街のみなさんが活性化させようと取り組んでいるので、地元企業として役立ちたい」と回答。耐震性の問題があるため、西友側が建物を解体したあと新たに店舗を建設する考えで、「食品中心の品ぞろえとし、その他の買い物は商店街の各店舗を利用してもらう形で役割を分担したい」と述べた。時期や規模などは未定としている。

 また夏原社長は、アル・プラザ大津の新店舗について、大津駅利用者らの利便性を考慮し、コンビニのような形で小売店舗を残す考えを示した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。