日本生命、パートを無期雇用へ 6000人対象、優秀な人材確保 (1/2ページ)

2015.9.10 06:21

 日本生命保険が「パートスタッフ」と呼ばれる短時間勤務の契約社員約6000人を無期雇用に切り替えることが9日、分かった。勤続5年以上の契約社員が対象となる。正規の内勤職員と同じく、希望すれば65歳まで働けるようになる。大規模なパートの処遇改善に踏み込むケースは、金融業界では三菱東京UFJ銀行が今年4月に実施して以来となる。今後、他業界にも波及しそうだ。

 契約社員は、保険の引き受けから支払いに至るまでの事務や顧客対応などを担当している。職務には一定のノウハウが必要で、能力の高い人材も多い。

 2013年に施行された改正労働契約法の下で「5年ルール」と呼ばれる無期契約への転換期日が18年4月以降に到来するのに合わせ実施する。早期に無期雇用化を打ち出すことで、安心して働き続けられる環境が整備できると判断した。労働意欲を高めるとともに、優秀な人材をつなぎとめる狙いもある。

 これまで契約社員は1年ごとに契約を結び直す必要があり、更新されずに雇用が打ち切られてしまう懸念もあった。これを60歳定年の無期雇用契約に切り替える。再雇用制度を使えば65歳まで働けるようになる。

最大で計1万8000人が無期雇用の形態で働くことに

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。