【日本発!起業家の挑戦】ユーザー参加型の翻訳サービス (1/6ページ)

2015.9.29 05:00

ドラえもんの像の横に立つエニドアの山田尚貴社長

ドラえもんの像の横に立つエニドアの山田尚貴社長【拡大】

  • ティム・ロメロ氏

 □エニドア・山田尚貴社長

 ■20代の誰もが立ち上げ可能

 エニドアの提供するConyac(コニャック、URL=https://conyac.cc/ja)は、ユーザー参加型の翻訳プラットホームだ。異なる言語を用いる者同士が翻訳を通してコミュニケーションを取る方法が、これによって変わるかもしれない。そんな画期的なサービスだ。前職でのフラストレーション、子供の頃から好きだったアニメ、そして米国での一人旅が起業を決断させた要素だというのは、代表取締役の山田尚貴氏。会社の成長についてはもちろん、まだ若いスタートアップの代表として20代での起業やワークライフバランスの維持についても語ってくれた。

 --Conyacとはどんなサービスですか。

 「一言でいえば、クラウドソース型の翻訳を手掛けています。翻訳できる人を世界中から集めて、顧客が翻訳したい文章をアップロードすれば、私たちが両者をマッチングします。Conyacが他のサービスと違うのは、資格やネット上のテストで翻訳者のレベルを評価するのではなく、プラットホーム上の同僚翻訳者たちからのレビューだけで評価するところです」

 --競合する同僚翻訳者に、悪いレビューをしようとする人が出てきそうですが

 「実際にいます。でも、彼らの評価がまた他の翻訳者たちから評価されるわけですから、その戦略を取ると、結局自分の評判を貶めるだけなのです」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。