【名門失墜 VW排ガス不正】(下)独自動車産業の信頼に打撃 (1/3ページ)

2015.10.12 05:00

排ガス検査について説明する米カリフォルニア州大気資源委員会の関係者。検査台の上を走らせる従来の検査では、VWのような不正を見抜くことができない(ブルームバーグ)

排ガス検査について説明する米カリフォルニア州大気資源委員会の関係者。検査台の上を走らせる従来の検査では、VWのような不正を見抜くことができない(ブルームバーグ)【拡大】

 ■環境とコスト、求められるバランス

 「今やメード・イン・ジャーマニーは『欺き』も意味する」(独有力誌シュピーゲル)

 「自動車部門がわが国にとって重要であるからこそ、政府は距離を置くべきだ」(南ドイツ新聞)

 自動車大手、フォルクスワーゲン(VW)グループが行っていた不正は一企業の問題にとどまらず、自動車産業への信頼や企業と規制当局である政府の関係も揺るがせた。

 ◆78万人の雇用生む

 独メディアは、ドイツ自動車工業会(VDA)のウィスマン会長が2013年5月に欧州連合(EU)の環境対策の目標設定をめぐり、メルケル首相に「環境と経済のバランス」に配慮するよう求めたとする書簡を報じた。

 メルケル氏は当時、「環境保護に進む中で、自分たちの産業基盤を損なわないようにする必要がある」と強調。自動車産業への配慮に尽力したとされる。

 ドイツでは自動車製造業は下請けも含めると約78万人の雇用を生み出す。自動車は最大の輸出品であり、14年には自動車・自動車関連部品は総輸出額の18%を占めた。

 ウィスマン氏はコール政権時代に運輸相を務めた。メルケル政権もダイムラーに移ったメンバーがおり、政界と自動車産業は人的なつながりが深い。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。