介護を楽に、1台3役の車いす トリコ、福祉用具の製造販売に進出 (1/3ページ)

2015.10.14 05:55

介護者が楽になることをコンセプトにした「楽寝楽座」。1台で車いす、ベッド、ストレッチャーの3役を兼ねる

介護者が楽になることをコンセプトにした「楽寝楽座」。1台で車いす、ベッド、ストレッチャーの3役を兼ねる【拡大】

 電子部品の輸入・修理を手掛けるトリコは、新規事業として福祉用具の製造販売に乗り出した。少子高齢化が進んでいることから、市場の有望性に着目。自社商品の第1弾として、ベッドとしてもストレッチャーとしても使える車いす「楽寝楽座(らくしんらくざ)」を今月下旬発売する。価格は35万6400円。初年度は300台、3年後には年間1000台の販売を計画している。

 介護をしている人が少しでも楽になるように、というコンセプトで商品化した。1台で3役を兼ねることで、介護が必要な人を車いすやベッドに移し替える回数を減らす。寝台の高さも調節できるので、介護者が悩まされる腰への負担も軽減される。

 車いすの状態のときには頭部のレバーを軽く倒すだけのワンタッチでフルフラットになり、ベッドやストレッチャーとして使える。足元のレバーを踏めば、寝台の高さを50センチから75センチまで調整できる。75センチの高さにすると、かがまなくて済むため、介護時の腰への負担も軽くなる。誰でも簡単に操作でき、電気やモーターを使わないので、マシントラブルや故障も少ない。

最大の特徴といえるのが、実用新案を取得した背ずれをしない機能だ…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。