トヨタが人工知能開発会社 運営費1200億円でシリコンバレーに (1/3ページ)

2015.11.7 06:40

米国に設立する人工知能技術の研究会社について記者会見するトヨタ自動車の豊田章男社長=6日午後、東京都内のホテル

米国に設立する人工知能技術の研究会社について記者会見するトヨタ自動車の豊田章男社長=6日午後、東京都内のホテル【拡大】

 トヨタ自動車は6日、人工知能(AI)技術を研究・開発する新会社を来年1月に米カリフォルニア州のシリコンバレーに設立すると発表した。2020年までの5年間で運営費10億ドル(約1200億円)を投じ、自動運転技術や高齢者介助ロボットなどの商品化を目指す。豊田章男社長は同日の記者会見で、「AIと(膨大な情報を解析する)ビッグデータを結びつけることで自動車以外の新産業も創出できる」と述べた。

 新会社「トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)」は安全性や移動の自由、ロボット技術を課題として設定。トヨタの技術アドバイザーを務めるギル・プラット氏が最高経営責任者(CEO)に就き、数年後に約200人規模を予定する。

 TRIは、トヨタが9月に米マサチューセッツ工科大やスタンフォード大と設立したAI技術の研究センターとも連携。センターは今後5年間で5000万ドルかけて物体の認識や状況判断、人間と機械の協調などを研究する方針で、TRIは成果を活用して自動運転などの実用化につなげる。

トヨタがTRIを設立するのは、AIを自動運転やロボットなど…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。