【講師のホンネ】仕事への姿勢を言葉にして再確認 櫻田毅 (1/2ページ)

2015.11.18 05:00

 業務上の権限が大きくなればなるほど、自分で自分を律することに意識を向ける必要があります。部下への影響力が増すだけでなく、役職やポジションによっては、部門間の力関係でも優位に立つことがあるからです。

 外資系企業でファイナンス部門を担当していたことがあります。日本でいえば、経理、財務と経営企画をあわせたような機能です。

 単なる資金管理ではなく、どのビジネスからどれぐらいの売り上げと利益を出すのか、そのためにどれぐらいの予算を割り当てるのか、といった戦略性の高い意思決定に参画します。外国人社長や米国本社とも直接連絡を取り合うこともあり、社内に強い影響力を持っていました。

 あるとき、部門責任者のAさんに、このような質問をしたことがあります。「強い権限を持っている部門の責任者として、仕事で大事にしている信念ってありますか?」。Aさんの答えはこうです。

 「Clean Hands, Cool Brain, Warm Heart」

 Clean Hands(きれいな手)とは、お金を扱う人間として絶対に不正をしないこと。さらに、個人的な感情で特定の部門に肩入れをしたり、あるいはその逆をしたりしないこと。あくまでも会社のビジネス方針にのっとって、誠実で真摯(しんし)なお金の使い方を貫くことです。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。