JR東海・東日本、検札廃止やラウンジ開設 利便性向上で“おもてなし” (1/2ページ)

2015.11.20 06:25

JR東日本が東京駅に設置する「ビューゴールドラウンジ」のイメージ

JR東日本が東京駅に設置する「ビューゴールドラウンジ」のイメージ【拡大】

 JR東海と東日本が19日、新幹線利用客などへの利便性向上策を発表した。東海は来年のダイヤ改正時から、東海道新幹線のグリーン車と指定席で検札を廃止し、乗客がくつろげるようにする。東日本は、グループのクレジットカード「ビューカード」の最上級会員が利用できる専用ラウンジを東京駅に来月21開設。それぞれに“おもてなし”を手厚くし、利用増を図る。

 新幹線での検札は東日本が2002年に廃止したが、東海は防犯目的などから続けていた。東海が指定席に限って廃止に踏み切る理由は、指定席の乗客がくつろげるようにするとともに、予約客が自由席へ回った際に、浮いた指定席の販売機会を増やすためだ。

 東海道新幹線はビジネス客が多く、念のため指定席を押さえていた乗客が、より早い列車の自由席に座るケースが多い。こうした乗客を車掌が検札で把握した場合、本来乗車するはずだった指定席の予約を携帯端末経由で取り消し、改めて他の乗客が購入できるようにしている。

指定席の検札を廃止して自由席の検札を迅速化

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。