日本だけ熱狂?伸び悩むツイッター 欧米では飽きられ…初テレビCMも不発 (1/7ページ)

2015.11.21 17:08

ツイッター社は、かなりの力を入れてCM作戦を展開したが、結果は裏目に出てしまったようだ(ロイター)

ツイッター社は、かなりの力を入れてCM作戦を展開したが、結果は裏目に出てしまったようだ(ロイター)【拡大】

  • フランス国旗と同じ三色にライトアップされたエッフェル塔=16日、パリ(大西正純撮影)
  • 16日、ベルギー・ブリュッセル首都圏モレンベークで、捜索中にアパートを上る特殊部隊員(ロイター)
  • 16日、ベルギー・ブリュッセル首都圏モレンベークで捜索に当たる特殊部隊(ロイター)

【エンタメよもやま話】

 さて、今週の本コラムは、久々となるIT(情報技術)関連のお話でございます。

 2006年3月に米サンフランシスコで生まれ、その4カ月後からサービスを開始した簡易ブログ「ツイッター」。「ツイート(つぶやき)」と称される140字以内の単文を投稿・共有する人気の交流サイト(SNS)で、今年5月現在で全世界に約5億人(うち、アクティブユーザー数は約3億200万人)の利用者を有するまでに成長を遂げました。

 そうした急成長を受け、死者130人以上、負傷者約350人が出た今月13日発生のパリ同時多発テロでも、フェイスブックとともに家族や友人らの安否確認ツールとして大活躍。テロの発生直後にはパリのために祈りを捧げるためのハッシュタグ「#prayforparis」が登場し米IT系ニュースサイトなどによると、約10時間で全世界で670万人が利用。

そんなツイッターなのですが、実は利用者の伸びが鈍化し…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。