自動運転技術開発へ前進 「ミリ波レーダー」帯域幅の拡大合意 (1/2ページ)

2015.11.27 06:56

高速道路をテスト走行する、自動運転機能を搭載した米テスラモーターズの電気自動車(ブルームバーグ)

高速道路をテスト走行する、自動運転機能を搭載した米テスラモーターズの電気自動車(ブルームバーグ)【拡大】

 自動車大国の日米独が主導する世界無線通信会議(WRC)が、自動車の自動運転に活用する無線の周波数について、帯域幅を拡大し、国際規格とすることで合意したことが26日、分かった。自動運転車の衝突回避技術に不可欠とされる「ミリ波レーダー」の精度向上に道を開くのが狙い。自動運転の普及を後押しする技術革新が期待され、トヨタ自動車などの日系メーカーのグローバル競争が激しくなりそうだ。総務省が27日、WRCの成果として発表する。

 ミリ波レーダーは、波長が1~10ミリの電波を使用し、自動運転者が前方の自動車や歩行者との距離を把握する技術。これまでの検知性能は、100メートルの範囲で誤差20~30センチだったが、今回の周波数の帯域幅の拡大により、同じ距離内での誤差が、自動運転に必要とされる7.5センチ程度まで縮小できるという。

 具体的には、ミリ波レーダーで実用化されているのは76~77ギガヘルツ帯だが、アマチュア無線や天体観測で使われている77.5~78ギガヘルツの帯域を共用できるようになる。これにより、一般道での自動走行時の衝突回避に必要とされる77~81ギガヘルツ帯の実用化も視野に入り、霧などの悪天候時での検知性能が向上する。

試作品で実験を行い、技術基準を策定する…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。