不透明な不動産売買、IT業界参入で一変か ソニー不動産など新サービス (1/6ページ)

2015.11.27 07:03

 不動産業界が構造変化に直面している。くい打ちデータ偽装問題でマンション開発が文字通り“根元”から揺らぎつつあるのに加え、インターネットやテクノロジーを駆使した仲介サービスなどで価格競争を仕掛けようと、IT業界から参入が相次いでいるのだ。新たなプレーヤーはかねて「不透明」とされる不動産売買の「透明化」や「流通革命」を掲げ、市場拡大や大手不動産流通事業者などからのシェア奪取を目指す。人材の流動化も進みつつあり、中長期的に業界地図が一変する可能性もある。

 直接のやり取り

 「耐震、免震構造など建物について教えてください」

 「問題になっているくい打ち工事ですが、○×が担当しており、問題ないことが確認できています」

 ソニー不動産がヤフーと共同で11月から都心6区の物件を対象に始めた、日本初のインターネットを通じた個人間の中古マンション取引サイト「おうちダイレクト」でマンションを売り出した売り主と購入を検討する質問者との直接のやり取りだ。

従来、マンションなどの不動産を売却するには…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。