伊佐ホームズ、国産材活用の木造建築普及に力 林業再生目指す政府注目 (2/2ページ)

2015.12.4 05:00

建て替え工事が完了した「池上大坊本行寺客殿」=東京都大田区

建て替え工事が完了した「池上大坊本行寺客殿」=東京都大田区【拡大】

 このプロジェクトでは、まず伐採したスギの木にQRコードを添付。さらに製材所などで木材の強度や大きさなどを新たな情報として付け加え、最終的には建設会社が住宅全体の木材の情報を盛り込んだQRコードを作成する。住宅の購入者はコードを読み取り設計図と照合することができる仕組みだ。

 これによって品質の確かな国産材を使用している点を訴求できるほか、ブランド力の向上に寄与する可能性が大きい。また、生産者側も優れた木材を出荷する必要に迫られるようになり、さらなる品質の向上にもつながることになる。

 伊佐社長は今後、高齢者向け施設やホテルなどの宿泊施設でも木造化に拍車がかかるとみている。高度なSCMに加え、「池上大坊 本行寺客殿」のプロジェクトの成功を機に、非住宅部門の受注活動にも力を入れていく方針だ。(伊藤俊祐)

                   ◇

【会社概要】伊佐ホームズ

 ▽本社=東京都世田谷区瀬田2-26-7

 ▽設立=1988年6月

 ▽資本金=5000万円

 ▽従業員=30人

 ▽事業内容=注文住宅の設計施工

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。