スマホ商戦、端末・料金ともに大きく様変わりへ 長期利用者の負担軽減など (1/2ページ)

2015.12.19 07:03

高市総務相から要請を受けて取材に応じる宮内謙ソフトバンク社長=18日、東京都千代田区

高市総務相から要請を受けて取材に応じる宮内謙ソフトバンク社長=18日、東京都千代田区【拡大】

 高市早苗総務相は18日、スマートフォン料金負担軽減に向けた政府としての方針をNTTドコモなど携帯事業者3社の社長に手渡し、行き過ぎた端末購入補助の見直しやライトユーザー(短時間利用者)と長期利用者の負担軽減を図る料金プラン導入などを要請した。これを受け、3社は来年1月末までに高額な端末購入補助の適正化の取り組み状況を総務省に報告する。これに合わせて、5000円以下のプランも発表する見通し。年度末商戦は、端末、料金ともに大きく様変わりすることになりそうだ。

 同日に高市総務相が要請した「スマートフォンの料金負担の軽減および端末販売の適正化に関する取組方針」は、ライトユーザーや長期利用者の料金負担軽減を図る料金プランの導入▽行き過ぎた端末購入補助の適正化▽通信料金と端末価格の内訳を明確に書面で説明-などを明記した。

 端末補助の適正化については、来年1月末までに事業者から報告を求めるとともに、2月以降、外部からの情報提供窓口を設置することや店頭での実態調査を行うことも示しており、実効性の確保を強く意識している。さらに、業務改善命令の解釈・運用方針を示すガイドラインも年度内に策定するとしている。

高市総務相からの要請後に取材に応じた3社トップは…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。