サイバー保険、最大40%引き 損保ジャパン日本興亜 (1/2ページ)

2015.12.23 07:00

 損害保険ジャパン日本興亜がサイバー攻撃対策の国際認証を取得した企業を対象に、サイバー攻撃による損害を補償する「サイバー保険」の保険料を最大約40%割り引くサービスを始めることが22日、分かった。

 2016年1月のマイナンバー制度開始を前に、企業の情報漏洩(ろうえい)リスク対策としてサイバー保険への関心が高まっている。同社は年内に、情報セキュリティーに関する国際認証「ISMS」を審査する日本品質保証機構と、BSI日本法人と包括提携。認証取得企業にサイバー保険を最大約40%割り引いて提供するほか、保険加入時の手続きを簡素化する。

 サイバー保険をめぐっては、東京海上日動火災保険のほか、三井住友海上火災保険やあいおいニッセイ同和損害保険も市場参入し、しのぎを削っている。損保ジャパン日本興亜は今年10月にサイバー保険を発売。今回の提携を機に、ISMS認証を受けている日本企業約2500社への売り込みが可能となる。初年度の販売目標100件の達成に弾みをつけたい考えだ。

マイナンバー制度におけるセキュリティー上の不安を複数回答で尋ねたところ…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。