三井住友信託、1月から住宅ローン金利を大手5銀行最低の0・600%へ 三菱東京、みずほも引き下げ

2015.12.28 19:47

 三井住友信託銀行は28日、平成28年1月から変動型住宅ローンの最優遇金利を現行の年0・625%から0・600%に引き下げると発表した。大手5銀行の住宅ローン金利で過去最低を更新する。三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行も0・775%から0・625%に引き下げる。両行の引き下げは2年5カ月ぶり。

 住宅ローン市場はインターネット専業銀行が大手行を大きく下回る0・5%台の低金利で顧客獲得を進め競争が激化。大手5行の変動金利はこれまで三井住友信託の0・625%が最低だった。住宅ローン金利の引き下げで利用者は借りやすくなるが、銀行の収益を悪化させる懸念がある。

 三井住友信託は10年固定型でも最優遇金利を過去最低の0・75%にする。みずほ銀はネットでの申し込み分は変動型0・600%、10年固定型1・025%とする。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。